熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 熱中症予防 熱射病(heat stroke)

熱中症予防 熱射病(heat stroke)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防 熱射病(heat stroke)あるいは日射病(にっしゃびょう)


原因

高熱や直射日光によって、

皮膚血管の拡張が起こり、血圧が低下し、脳血流が減少して、

めまい、失神などがみられます。

視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、


体温調節機能が

失われることにより生じる。




症状

高度の意識障害が生じ、

体温が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥している。


治療

緊急入院で速やかに冷却療法を行う。

真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。