熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 熱中症予防 応急措置

熱中症予防 応急措置

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防


熱中症予防方法と応急措置
応急措置として考え、すみやかに医療機関をお尋ね下さい。


かかった場合の応急措置

経口補水塩またはスポーツドリンクなどを飲ませる。


ただし、冷たいものを大量に飲ませると

胃痙攣(いけいれん)がおきることがあるので注意が必要。


また、スポーツドリンクではナトリウム濃度が低いため、

病的脱水時にこれを与えると

低ナトリウム血症から水中毒を誘発する可能性がある。


特に乳幼児等には注意が必要で、経口補水塩の投与が望ましい。


霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やす。

霧吹きがないときは、口に水を含んで吹きかけても良い。

そのときの水は冷たくなくて良い。

一気に水をかけるとショックが大きいので、

冷たい缶ジュースや氷枕などを腋のした、

またなどの動脈が集中する部分にあてて冷やすのが良い。



真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。