熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 熱中症予防 応急処置2

熱中症予防 応急処置2

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防方法と応急措置
応急措置として考え、すみやかに医療機関をお尋ね下さい。

かかった場合の熱中症予防 応急処置2

涼しい場所で休ませる。

木陰、クーラーの効いたところで、衣服を緩めるのが良い。


近くにそのような場所がないとき、うちわなどで早急に体を冷やす。

速やかに病院などに連れて行く。躊躇せずに救急車を呼ぶ。
移動させるのに人手が必要と思えば大声で助けを呼ぶ。


汗をかいていないとしても、体温が高くなくても
熱中症の可能性はある。

脱水していれば、汗をかくことが できない。


体温調整が出来なくなっているためか、

高温多湿の体育館内での運動中などに寒気を訴える場合があり、

そういったときは熱中症の兆候を疑ってみた方がよい。


自覚症状で熱中症だと感じることは、まずない。

自分で大丈夫だと思っても「おかしい」と思った時には

もう遅いかもしれない。


真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。