熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 水分とカリウムイオン神経や筋肉へ

水分とカリウムイオン神経や筋肉へ

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

からだの中の水分とイオン

からだの中の水分とイオン
人のからだの60%を占める水分。

水分はからだの中に入り体液となりますが、
その体液にはイオンもふくまれています。

以下のようなイオンがおもなものです。
体液に含まれるイオン(電解質)


カリウムイオン(K)って

からだに
ナトリウムイオンが入ってくるとカリウムイオンは外に出る

この働きが繰り返され連続しておこると

神経の刺激を伝えて 

筋肉の収縮をさせるための情報を伝える役目です。

カリウムイオンは

汗 以外に 風邪を引いたり 体調が優れない状態の症状で

下痢 嘔吐でも 失われてしまします。



もう一度 覗いて 健康な 日々を!

    すべててのイオンが
  相互に働きあうことで人間は
    活動する事が できる。


カリウムイオン K+

☆ 神経の伝達の働き

☆ 筋肉の収縮機能

  
  だからカリウムイオン K+  
  が不足だと けいれん等に繋がります。
  その他として、心筋収縮


熱中症 熱射病 スポーツ脱水症は

水分も イオンも 大切です。

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。