熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 水分とマグネシウムイオンイオンの働き

水分とマグネシウムイオンイオンの働き

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

からだの中の水分とイオン

からだの中の水分とイオン
人のからだの60%を占める水分。

水分はからだの中に入り体液となりますが、
その体液にはイオンもふくまれています。

以下のようなイオンがおもなものです。
体液に含まれるイオン(電解質)


マグネシウムイオンイオン(Mg)って

カルシウムイオンをサポートしている

筋肉を収縮させるカルシウムイオンの働きを助けています。
マグネシウムイオン

栄養分がエネルギーになるのを 助けたりする役目、

細胞内の 様々な 活動を手助けしています。

からだを うごかせるのも イオンのおかげです。



もう一度 覗いて 健康な 日々を!

    すべててのイオンが
  相互に働きあうことで人間は
    活動する事が できる。


マグネシウムイオンイオン Mg2+

☆ 筋肉の収縮機能

☆ 骨や歯をつくる
  
  だからマグネシウムイオンイオン Mg2+
  が不足だと けいれん等に繋がります。

  なぜならば筋肉を収縮させるカルシウムイオンの
  働きを助け、細胞内では、栄養分がエネルギーになる
  さまざまな 手助けをしているイオンです。
  



熱中症 熱射病 スポーツ脱水症は

水分も イオンも 大切です。

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。