熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 熱中症 沖縄タイムス 県内の発生件

熱中症 沖縄タイムス 県内の発生件

熱中症 沖縄タイムス からお伝えします。

熱中症で4人死亡/県内の発生件数急増
県内で熱中症の患者が増えている。


県内の定点医療機関(23カ所)から
報告のあった熱中症発生件数は18日までに、

446件で過去最多だった昨年1年間(171件)の2.6倍。


今年6ー7月にかけて4人が熱中症で死亡しており、

県健康増進課は「県内の熱中症発生のピークは9月いっぱいまで続く」

として注意を呼び掛けている。


熱中症による死亡が確認されているのは、50代から70代の

いずれも男性。ゴルフ中や農作業中など屋外で発症し亡くなったり、

自宅内で発症したケースもある。


発生件数の急増について同課は
熱中症 発生件数の急増について同課は

(1)定点医療機関が昨年12ヶ所からほぼ倍に増えた
(2)熱中症に対し医師や県民の意識が高まり受診が
  増えたことなどを挙げている。

熱中症は体温が高くなり、

ふらふらして頭痛がする、筋肉がけいれんするなどが特徴。

報告された患者の85・6%が男性で、

同課は「女性が日傘を差すなどの防御策をするのに比べて男性は日光に

無防備。屋外での仕事に男性が多く

ついていることなども原因の一つでは」とし、

引き続き注意を促した。


熱中症 沖縄タイムス から抜粋してお伝えしました。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。