熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 猛暑日 感電 ワイヤーが露出  

猛暑日 感電 ワイヤーが露出  

Shanghai Daily via Weird Asia News(ギズモード・ジャパン)から お伝えします。

電気にまつわる恐ろしいニュースです。

今日は、上海で起きた当惑させられる記事をお伝えしたいと思います。20歳の学生がコンピューターに感電して死亡しました。でも、いったい何故こんな事に?

事件は、とても暑い日に起こりました。ウーさんは我慢強い人のようで、猛暑日なのにエアコンをつけることを拒否していました。すると、部屋の温度がグーンと上がり彼のコンピューターがオーバーヒート、そんな時、彼の汗ばんだ足が無意識にワイヤーが露出している部分に当たってしまい、感電してしまったのです。彼の命はPCによって奪われてしまいました・・・。

本当に怖いですよね。この事件をみなさんも教訓にしてください。コンピューターが熱でクラッシュしそうなぐらい暑い時は、とにかくエアコンをONにしましょう! エコを大切にしている人も、設定温度28度ぐらいでエアコンをつけましょう! じゃないと、こんな事件が再び起こってしまうかもしれません。あなたとPCの熱中症対策をしましょう。

[Shanghai Daily via Weird Asia News]

−Adam Frucci(原文/訳:junjun )
Shanghai Daily via Weird Asia News(ギズモード・ジャパン)から
お伝えしました。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。