熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: 熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)とは?

熱中症 埼玉新聞 熱中症女性を救助 

埼玉新聞からお伝えします。


連係プレーで熱中症女性を救助 狭山署の3警官
 
熊谷で気温40.9度を観測し

国内の最高気温を更新した今月16日、

熱中症で意識が混濁状態だった

入間市の独居女性(77)が狭山署の警察官三人の機転と連係プレーで

自宅から救出され、一命を取り留める出来事があった。


診察に当たった医師が「あと十分遅かったら命が危なかった」

という間一髪の救出劇。


同署の中嶋英敏署長は「警察官として当然のことだが、

的確な対応を評価したい」とたたえ、三人に署長表彰を授与した。



表彰されたのは、同署入間市駅前交番の角田克也警部補(53)と
大嶋真吾巡査(27)、女性警察官の斉藤真美巡査(24)。


16日午後1時半

交番の電話が鳴った。

「一人暮らしの母親に今朝から何回も電話しているが、

通話中でつながらない。様子を見てきてほしい」。

都内に住む息子からの相談だった。


角田警部補は「連日の猛暑で倒れているのでは」と直感。

大嶋巡査、斉藤巡査と一緒に現場に急行。

女性方は雨戸が閉まり、ドアをたたいたり、

呼び鈴を鳴らしても応答がなかった。


角田警部補は巡査二人に近所の聞き込みを指示する一方、

受話器のはずれを確認するためNTTに逆信を依頼。

逆信に応答がなく、

近所からは「通常昼間は雨戸は開けており、

出かけるという話は聞いていない」などの情報が得られた。


こうした状況から、同警部補は「自宅内で倒れている可能性が高い」

と確信。

一階の無施錠の掃き出し窓から室内に入って捜索。

窓が閉まり蒸し風呂状態の中、

二階の部屋の布団の上で倒れている女性を発見した。


女性の意識は混濁状態で、呼吸と脈が速いなど熱中症症状が見られた。


このため三人は手分けして部屋の窓を開け、

救急車を要請するとともに、

女性を扇子であおいだり、水を飲ませるなどの応急措置を施した。

病院に搬送された女性は手当てを受けて回復したという。


女性が回復したことを知り、

角田警部補は「素早い立ち上がりと水分の補給や体の冷却が奏功したんでしょう」。

斉藤巡査は「警部補の指示で落ち着いて行動できたのが良かった」と

胸をなで下ろしている。



埼玉新聞から 抜粋して お伝えしました。

水分とマグネシウムイオンイオンの働き

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

からだの中の水分とイオン

からだの中の水分とイオン
人のからだの60%を占める水分。

水分はからだの中に入り体液となりますが、
その体液にはイオンもふくまれています。

以下のようなイオンがおもなものです。
体液に含まれるイオン(電解質)


マグネシウムイオンイオン(Mg)って

カルシウムイオンをサポートしている

筋肉を収縮させるカルシウムイオンの働きを助けています。
続きを読む

水分とカリウムイオン神経や筋肉へ

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

からだの中の水分とイオン

からだの中の水分とイオン
人のからだの60%を占める水分。

水分はからだの中に入り体液となりますが、
その体液にはイオンもふくまれています。

以下のようなイオンがおもなものです。
体液に含まれるイオン(電解質)


カリウムイオン(K)って

からだに
ナトリウムイオンが入ってくるとカリウムイオンは外に出る

この働きが繰り返され連続しておこると

神経の刺激を伝えて 

筋肉の収縮をさせるための情報を伝える役目です。

続きを読む

熱中症予防 熱射病(heat stroke)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防 熱射病(heat stroke)あるいは日射病(にっしゃびょう)


原因

高熱や直射日光によって、

皮膚血管の拡張が起こり、血圧が低下し、脳血流が減少して、

めまい、失神などがみられます。

視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、


体温調節機能が

失われることにより生じる。




症状

高度の意識障害が生じ、

体温が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥している。


治療

緊急入院で速やかに冷却療法を行う。

真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

熱中症予防 熱痙攣(heat cramps)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防 熱痙攣(heat cramps) ねつけいれん


原因

大量の発汗後に水だけの補給のみで、

塩分やミネラルが不足した状態に発生する。

血液の塩分濃度が低下して、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴った

痙攣(けいれん)が起こります。



症状

突然の不随意性有痛性痙攣(けいれん)と硬直で生じる。

体温は正常であることが多く、発汗が見られる。

食塩水の経口投与を行う。



真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。


熱中症予防 熱疲労(heat exhaustion)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防 熱疲労(heat exhaustion) ねつひろう

原因


多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、

脱水症状になったときに発生する。



脱水による症状で、めまい、頭痛、吐き気、脱力感など、熱射病の前駆症状で、対処は重要です。(救急車の要請が必要です。) 

症状

症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇するが、

皮膚は冷たく、発汗が見られる。


治療

輸液と冷却療法を行う。


真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

熱中症予防 熱失神(heat syncope)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

熱中症予防 熱失神(heat syncope)


原因

直射日光の下で 長時間行動しているような場合に起きる。


発汗による脱水と

末端血管の拡張によって、

体全体の血液の循環量が減少した時に発生する。




症状

突然の意識の消失で発症する。


体温は正常であることが多く、発汗が見られ、

脈拍は徐脈を呈する。



治療

輸液と冷却療法を行う。


真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防が大切です。

熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。

熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)は、

外気においての高温多湿等が原因となって起こる症状の総称。

熱中症の種類
病態の違いから以下の4つに大きく分類される。

熱失神(heat syncope)
熱疲労(heat exhaustion)
熱痙攣(heat cramps)
熱射病(heat stroke) → 
太陽光が原因の場合には一般に日射病(sun stroke)とも言う
  

   熱失神 熱疲労  熱痙攣  熱射病

意識 消失   正常   正常   高度な障害
体温 正常   〜39℃  正常   40℃以上
皮膚 正常   冷たい  正常   高温
発汗 (+) (+)    (+)    (−)


真夏 や 春先の長時間の作業 ハードなスポーツには 
スポーツドリンクを薄めて 水分補給

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。