熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防: スポーツ脱水症予防へ

スポーツ脱水症 バランスとは

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

スポーツ脱水症 バランスとは

大量の発汗等によって失われる水分やミネラル分を効率良く補給する事を目的とした機能性飲料にスポーツドリンクがあります。


水の飲み過ぎ

過去に、ダム建設現場の炎天下で作業していた作業員が相次いで倒れる問題が起こっていた。


この現場では、作業員達は脱水症状を防ぐため、

自由に水を飲む事が出来たが、暑さから水を飲み過ぎ、

大量の発汗で塩分だけが体外に排出されてしまった事で、

体内のナトリウムイオンとカリウムイオン等の電解質バランスが

崩れてしまった事が後の調査によって明らかにされた。


この問題に対して、医者は塩の錠剤を支給し、

作業員達は水を一定量飲む毎に塩の錠剤を服用する事で

事態が収拾した。
生化学の分野で、次第に全身の細胞が持つ、

浸透圧やイオンチャネル、イオンポンプの働きが解明されると、

一般にも広く「バランスが大事」という思想が広がり、

そこからスポーツ時や炎天下での水分補給と並んで、

イオンバランスの問題や、ミネラル補給の重要性が

認識されるようになった。


真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
posted by nechiyuusiyou | TrackBack(0) | スポーツ脱水症予防へ

甘くないスポーツドリンク?

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

スポーツ脱水症 甘くないスポーツドリンク


大量の発汗等によって失われる水分やミネラル分を効率良く補給する事を目的とした機能性飲料にスポーツドリンクがあります。


甘くないスポーツドリンク


逆に、近年では人工甘味料などを使って、

カロリーが低い物も発売されているが、

こちらは日常的に飲むのに適している反面、

スポーツ時における飲用では、従来のスポーツドリンクが持っていた、

運動時における疲労回復の効果が十分見込めない場合がある。



従来の糖分を含んだスポーツドリンクでは、

酸味の元であるクエン酸が無酸素性運動の代謝物である乳酸(筋活動を抑制する痛みを発生させることがある)の分解を促し、

糖などの炭水化物がグリコーゲン合成に消費され、再び運動できる体力を回復させるが、カロリーの低いスポーツドリンクでは、その効果が見込めない。


しかしダイエット目的の有酸素運動の際には、
カロリー摂取したくない事もあるかもしれない。


このような場合、ショ糖(一般的に云う所の砂糖)を

含む製品ではなく、果糖のみを使った製品の方が、

脂肪燃焼を促し運動を効率的に行うことを可能にするという
学説もあり、甘味料として果糖のみを用いた製品も存在する。



あるいは脂肪燃焼効果を謳うアミノ酸等を
添加されたものも市販されている。



いずれもコントロールされた研究結果に基づいた
科学的根拠が提示されているとは言い難く、実際に体脂肪を
選択的に低下させる「効能効果」が存在するとは難い。




真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
posted by nechiyuusiyou | TrackBack(1) | スポーツ脱水症予防へ

スポーツ脱水症 ドリンク利用の注意

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

スポーツ脱水症 ドリンク利用の注意

大量の発汗等によって失われる水分やミネラル分を効率良く補給する事を目的とした機能性飲料にスポーツドリンクがあります。


スポーツドリンク利用の注意飲み方

これらスポーツドリンクの中でも、
粉末・ラミネートパック入りで売られている物には、
1リットルの容量を持つビニールボトルが付属している物もあるが、


一部のスポーツドリンクにおいて

規定量で希釈すると糖度が高すぎ、運動中の水分補給には
適さない物がある。

1〜2割程度薄めに希釈した方が良いとされる製品も在るので、

杓子定規にメーカー指定の希釈濃度を守らず、
好みで薄める分には問題は無いとも言われます。


これらのボトル容器で、
ポリ塩化ビニル製のストローが蓋に付属しているものは、
運動中に飲み過ぎないための配慮である。


大量に飲むと、その吸収のため消化器官に血液が大量に回るため、
スポーツどころでは無くなる事もある。



最も効果的な使用法としては、

運動中や作業中は身近に置いて、
喉が渇く前から少量ずつこまめに飲む方法である。


スポーツ中に

大量の糖分を摂取すると、

インシュリンが大量消費され、

逆に肝心な際にエネルギー生産が行われない

リバウンド現象が発生するため、

疲労回復にと、急激かつ大量に甘いスポーツドリンクを、

運動の最中に飲む事は逆効果である事が知られている。



真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
posted by nechiyuusiyou | TrackBack(0) | スポーツ脱水症予防へ

スポーツ脱水症予防 2

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

スポーツ脱水症予防 2

大量の発汗等によって失われる水分やミネラル分を効率良く補給する事を目的とした機能性飲料にスポーツドリンクがあります。

スポーツドリンク取り扱い

この飲料は、効率良く水分補給と共に、大量発汗によって崩れやすい

イオンバランスを保ち、ミネラル分を補給する効果がある。


しかしその反面、
スポーツや重労働時などにおける発汗を想定しているため、

一般の消費者が往々にして過剰な期待を抱いて、大量に飲用した場合に、問題を起こす事もある。


これらの飲料は、(全ての機能性食品や機能性飲料・医薬品類にも言える事だが)大量に飲めば、それだけ健康になるという物ではない。


一部には、ミネラル補給と称してこれら飲料を多量に飲む向きもあるが、

ミネラル以外も大量に摂取するため、バランス良く体外に排出されてしまう事がある。

不足栄養素は、そちらの栄養素を多く含む食品で取る方が賢明だ。また後述するように

乳幼児に対しては与える製品にも注意を払う必要がある。


真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
posted by nechiyuusiyou | TrackBack(1) | スポーツ脱水症予防へ

スポーツ脱水症予防 1

熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防

スポーツ脱水症予防1

大量の発汗等によって失われる水分やミネラル分を効率良く補給する事を目的とした機能性飲料にスポーツドリンクがあります。

特に脱水症状の回復や、
炎天下のスポーツにおける熱中症防止に効果が期待できます。

これらの飲料は
効率的な水分補給と共に体への負担を掛けないよう考慮されております


スポーツの際に失われがちな

カリウムイオンやナトリウムイオンといった電解質やマグネシウム・
カルシウムといったミネラル分を含んでいます。

また生理食塩水に近い
浸透圧で胃腸に負担を掛けないよう配慮され、

無酸素的代謝の際に筋肉中に蓄積される
乳酸の分解を助け回復を促すクエン酸や、いわゆる疲労回復の際に最も効率の良いエネルギー源であるブドウ糖やショ糖を含んでいる。


多くの種類があるが、各種アミノ酸類やビタミン類を添加した物や、口当たりが良いように、様々な工夫されたものが出回っている。


スポーツ競技や、野外での重労働の際、大量に消費する事もあるため、消費者が家庭や職場・学校などで大量に作る事が出来るよう、

規定量の水で希釈する事を目的とした、
粉末の形で売られているものも多い。

真夏 や 春先の長時間の仕事 ハードなスポーツには 
熱中症 熱射病 スポーツ脱水症 予防です。
posted by nechiyuusiyou | TrackBack(0) | スポーツ脱水症予防へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。